NEWS

JOLED、有機ELディスプレイパネルサンプルをASUSへ提供開始

株式会社JOLED(ジェイオーレッド、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:東入來信博)は、台湾に本社を置くコンピューターハードウェアとコンシューマーエレクトロニクスの国際企業ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)へ、21.6型4K高精細の印刷方式有機ELディスプレイパネルのサンプル提供を開始しました。

JOLEDの有機ELディスプレイパネルは、ASUSが「CES 2018※」で発表するプロフェッショナルモニター「ASUS ProArt™ PQ22UC」に使用されます。ASUSはプレスリリースの中で、「ピュアRGBストライプを備えた最先端の有機ELテクノロジーは高い色純度を保証し、PQ22UCは、DCI-P3カバー率99%の高彩度による、忠実な色再現性を実現しています。 真の10ビット色深度を備え、暗い黒と明るい白のコントラスト比は1,000,000:1。最速0.1msの高速応答性は、動きの速いビデオやアニメーションコンテンツの表示において卓越したパフォーマンスを実現します」と述べています。

ASUSの「CES 2018」関連情報は、以下のページに掲載されています。
http://press.asus.com/2018-CES/

JOLEDは今後、中型プロフェッショナルモニター市場において、JOLEDの有機ELディスプレイパネルの浸透を図るとともに、先進のデバイスにより「ワクワク」と「感動」にあふれる世界を実現するという目標に向け、有機EL分野におけるリーディングカンパニーを目指して挑戦し続けてまいります。

※CES 2018:2018年1月9日~12日、米国・ラスベガスで開催される見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」の通称。

JOLEDについて

有機ELパネル(OLED)は、シンプルな構造、薄型・軽量という特徴を持ち、高い画質性能を実現可能な次世代ディスプレイとして注目を集めています。
有機ELパネルの製造方法のひとつである「印刷方式」は、有機EL材料を印刷により塗布・形成する技術で、生産工程がシンプルであることから、多様な画面サイズへの展開が容易な技術として期待されています。JOLEDは、現在主流となっている蒸着方式では製造が難しいとされる、中型サイズの有機ELパネル市場において、JOLEDの印刷方式有機ELパネルの浸透を図ってまいります。

[報道関係からのお問い合わせ]
株式会社JOLED 管理部門 広報チーム 佐久間・高木・加藤
TEL: 03-5280-1600(代表)Email: megumi.sakuma.yc@j-oled.com

Scroll Up